園内の様子園内の様子

休園中・・・花咲く植物たち ~温室編~

4月の園内の様子 2020/04/24

コロナの影響で休園中の園内-立て続けに温室の様子です。

先日のブログでお伝えしたとおり、大温室 ガーデンシアター内では展示替えをしています。

通常なら本日完成、明日から植物が新たに入れ替わったガーデンをお届けするところですが、ここぞとばかり周りの手入れもやっているので、まだ6割ぐらいしかやり終えていない状態です。

 

20200424toku-border-n.jpg

これは、入れ替えが終わったボーダーガーデン。

あんまり花が咲いてませんね。デルフィニウムやキンギョソウなど、まだつぼみのものを植えました。

 

GW用に用意してあったデルフィニウムはこちら↓

20200424toku-delphi-lightblue.jpg

これ植えても、GW明けには花が終わりかけてしまいます。

ガーデンに植えてもいい状態をみなさまに見ていただけないので、先日のブログでもお伝えしたように、エントランスの外に展示していますが、それも一部。

日本中、いや世界中で、育てたけど使われない植物たちがたくさんいるのが現実です。

こういったSNS等でみなさまに見ていただくしかないのかなぁ?

 

20200424toku-patiostage.jpg

後方に並んでいるのは白のコチョウラン。これもコロナの影響によるものです。

当園の売店にコチョウランを卸している「株式会社リーフ」さんより、どうせ捨てられる運命にあるのだからフラワーパークで飾ってくれないか、ということで譲り受けました。

贈り物や式典などで使われるのが主なコチョウラン。これらも行き場を失った花たちです。

で、このコチョウランが来たのが休園の決まる3日前。

フラワーパークに来ても、まだ多くの人に見てもらえないコチョウランたち。

コチョウランは花が持つので、このまま休園の延長が無ければ、少しはみなさまに見ていただけるのですが・・・。

 

次はバックヤードで咲いたおもしろい花たちです。

これらも休園の延長が無ければご覧いただけるかもしれません。

 

20200424toku-utricularia-sandersonii.jpg

「休園中だからって遊んでんじゃないよ」と怒られそうですが、ウサギゴケ(Utricularia sandersonii)をみているウサギです。

って、ウサギがメインじゃないのよ。かわいい花のご紹介。

ホントにかわいい花で、見てるだけで癒されます。

でも、これ食虫植物なんです。かわいい顔して、水面下では虫をパクパク。

南アフリカ原産で、地下茎についている捕虫袋で水の中の微生物を吸い込み、吸収しています。

 

20200424toku-sarracenia-flower.jpg

こちらも食虫植物の花、サラセニア(Sarracenia)の花です。

何じゃこりゃ。おばけ?エイリアン?

花の構造は説明するとややこしいので、興味のある方は調べてみてください。

でも変わった形してますね。

サラセニアは北アメリカ原産で、和名を瓶子草というように、筒状に伸びる捕虫葉がお酒を入れる瓶子に似ています。

筒状の葉があるということは、そこに落ちた虫を吸収する落とし穴式の食虫植物です。

 

このブログで、少しでも花のパワーをみなさまにお届けできるよう、休園中でも咲いている花をどんどん紹介していきます。

 

1日も早く新型コロナ感染症が終息することを願って。

パーク管理課 徳増

 

 

 

 

前の記事  4月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます