園内の様子園内の様子

長雨に続き猛暑 忍耐の夏

8月の園内の様子 2020/08/22

毎日本当に暑いですね。

日本列島全体で2020年の夏は異常気象が続いております。

浜松市では、7月の月間の降水量が統計史上最多クラスを記録し、園内では大雨により数か所土砂崩れが発生ました。また長雨に伴って浜松市の日照時間は統計史上最短クラスとなりました。

梅雨が明けてからは一転して猛暑日が続き、8月17日には浜松市で日本国内最高気温と並ぶ41.1度を記録しました。さらに8月入ってからは21日までの降水量が0ミリとなっており、極端な気候が続いております。

 

園内の植物たちも、この極端な気候にはかなりの厳しい環境であり、植物たちにとっても過酷な夏となっております。

20200822sibahu.JPG

猛暑と雨の降らない乾燥状態の中では、植物たちも人間と同じように多くの水を必要としております。

連日の35度を越える猛暑や、フェーン現象による熱風で地面や鉢植えの植物はすぐに乾燥してしまい、スタッフたちは毎日水やり作業で大忙しです。

園内にはスプリンクラーによる水やりを行っている花壇や芝生があります。小さなお子様がスプリンクラーで遊んで、向きを変えていますと他のお客様に水がかかってしまったり、植物に十分な水やりができなかったりといったことが起こる場合がありますので、スプリンクラーにはなるべく触らないようにお願いいたします。

 

20200822takadaiwave.JPG

高台花壇ではアゲラタム・トップブルーとマリーゴールド・ホワイトバニラなどが夏の暑さにも負けず開花中です。

周辺では、モザイカルチャーの新設工事が行われております。工事車両が出入りしたり、通路の交通規制が行われる場合がありますのでご注意ください。

 

20200822huramaru.JPG

夏空の下のふらまるは暑さに負けず元気いっぱいです。

 

20200822benihimo.JPG

大温室クリスタルパレスのバリガーデン内にあるトウダイグサ科のベニヒモの木です。手芸に使う赤いモールのような花がたくさんぶら下がっているのがとても印象的で面白いです。近縁種では花の短いキャット―テールがあります。

 

20200822ooonibasu.JPG

大温室クリスタルパレス前の池ではオオオニバスがもうすぐ開花しそうです。

花は夜咲きで日中には閉じてしまうので、開花をご覧になりたい方はなるべく

朝早くご来園ください。

開花1日目は白色、2日目はピンク色になります。

 

2200822rosegarden.JPG

ローズガーデンでは現在リニューアル工事を行っております。工事に伴いまして、ローズガーデンへの入場が規制されている場合がございますので、ご了承ください。なお、9月から秋バラの開花期間中は入場可能になる予定です。2021年の春には新しくなったローズガーデンを皆様にお披露目できると思います。

 

20200822kanreisya.JPG

園内ではスタッフたちが猛暑の中でも除草など植物管理作業に励んでいます。寒冷紗を張ったりパラソルを立てたりして暑さ対策をしながら作業を行っている箇所があります。

お見苦しい場合もありますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

2020年はコロナウイルスの世界的な流行に加え、長雨や猛暑といった異常気象で人間にとっても植物にとっても耐え忍ぶ過酷な夏となりました。

ご来園の際は、他のお客様とのソーシャルディスタンスを確保するとともに、水分補給など熱中症にも十分注意してご来園ください。

パーク管理課 河合

 

 

 

 

前の記事  8月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます