園内の様子園内の様子

今年の夏

8月の園内の様子 2020/08/16

みなさんこんにちは。

今年の夏は植物にも人間にも厳しく感じる毎日です。

雨続きでお日様が恋しく感じる夏の始まりでしたが、今は雨が恋しく感じてしまいます。

 

この暑い夏の中でも楽しめる植物をいくつか紹介させていただきます。

最初に大温室クリスタルパレスより

メキシカンガーデンでは

食虫植物の「ドロソフィルム」が展示されています。

shokuchu.JPG

食虫植物の中でも数少ない乾燥地帯で生きていて、葉から出る粘着液で虫をつかまえます。

このドロソフィルムの粘着液は、他のねばねばで捕まえる食虫植物よりもきれいなので、私は好きな食虫植物です。

 

バリガーデンでは

「ショクダイオオコンニャク」が大きく葉を広げています。

数年に一度、たった2日間だけ。そして世界一臭いと言われている花を咲かせる植物です。

konnyaku.JPG

とても大きく育ち、今年はお花に会えるか?と思いましたが、残念ながら見れませんでした。

まだお花を咲かせるまでの力がついていないのでしょう。。

来年こそは見れるか?!

 

テラス池では

「熱帯スイレン」が咲いています。

suiren1.JPG suiren2.JPG

 

最後にフラマウンド近くで

「オニグルミ」の木で実がなっているのを見つけました。

kurumi.JPG

 

厳しい暑さと、コロナ問題で

いつもと違う夏の過ごし方をされている方も多いと思いますが、

お日様の光は免疫力をアップすると聞いたことがあります。

気温が上がる前、午前中の早い時間に充分な水分を持って

ぜひ当園や自然の中を歩いてみてください。

心も晴れることを信じて☆

 

はままつフラワーパークは9/10に50周年を迎えます。

9/1-2は休園になりますが、6日まで無料開園しております。

私たちは植物と一緒にみなさんにお会いできることをお待ちしております。

 

パーク管理課 小栗

 

 

前の記事  8月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます