園内の様子園内の様子

冬を彩る

1月の園内の様子 2021/01/16

みなさんこんにちは。

連日の厳しい寒さが嘘のように温かい日が続いています。

今回は冬の寒さにも負けずに園内を彩る植物を紹介していきます。

 

まずはヤエカンコウ(八重寒紅)です。

2021.01.16 yaekannkoubai.jpg 2021.01.16 yaekankoubai2.jpg

八重寒紅は梅の品種のひとつで園内では梅園と日本庭園などに植えられています。

梅園のものはこれからというところですが、日本庭園のものはかなり花が咲いてきています。

八重の濃い桃色の花がとてもかわいいですね。

 

次に紹介するのはソシンロウバイです。

2021.01.16 roubai.jpg 2021.01.16 roubai2.jpg

蝋で出来たような黄色の花がとてもきれいです。

園内では花菖蒲園とロウバイ園、その他に点々と植えられています。

花菖蒲園入り口のものは見ごろで、ロウバイ園のものは後少しといったところです。

 

最後はシナヒイラギです。

2021.01.16 sinahiiragi.jpg

シナヒイラギは一般的にヒイラギと呼ばれるものの仲間ではなく、

モチノキ科ヒイラギ属に属する樹木です。

葉の腋からでる無数の赤い実が特徴的ですね。

2021.01.16 sinahiiragi2.jpg

園内では滝見橋の下、噴水池から階段を下った先に植えられています。

 

園内を探してみると隠れたところに見どころが存在しています。

冬だからこそ見られる、目に映えるものがあると思います。

みなさんも探しに来られてはいかがでしょうか。

 

パーク管理課 池野

 

前の記事  1月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます