園内の様子園内の様子

2021年の立春は2月3日

2月の園内の様子 2021/02/03

 

今年の立春は地球の軌道の関係により暦は通年よりも1日早い2月3日となり、124年ぶりとなるそうです。

今年の厳しい寒さの中では、1日でも早く春の訪れを感じられる情報があるだけでも嬉しく感じられますね。

園内では植物たちが春の兆しを感じながら日々華やかさを増しています。

KトオジIMG_9819.JPG

ウメ「冬至」

奈良時代などは花見はサクラではなくウメだったそうです。

KタイハイIMG_9821.JPG

ウメ「大盃」


KミツマタIMG_9827  (2).JPG

「カンザンジザクラ」

当園オリジナルの早咲きのサクラです。選抜種のため個体差がありますが見頃を迎えて来ました。

KミツマタIMG_9827  (1).JPG

「チュウゴクミツマタ」

三又に枝が分かれる事から命名されました。

大輪の花でもう少し開花が進むと爽やかな香りも楽しめます。

KチューリップIMG_9801.JPG

エントランスに約1万球の色鮮やかな早春チューリップが展示されました。

KホクモクレンIMG_9796.JPG

「ハクモクレン」

白い大輪の花の開花に向けて着々と準備が進められています。

KヒガンバナIMG_9793 (2).JPG

「ヒガンバナ」

晩秋~春過ぎまで葉を出してお彼岸の開花に向けて、たっぷりと栄養を蓄えます。

K作業風景IMG_9808.JPG

春に向けてスタッフがフジの剪定誘引、花壇の手入れをおこなっています。

 

新型コロナが終息に向かい春本番には、はままつフラワーパークで皆さんの楽しんで

頂いている姿がみられる事ができるよう願うばかりです。

寒暖差が激しい時期ですのでお体には十分にお気を付けてお過ごし下さい。

パーク管理課 加藤。

前の記事  2月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます